Home » 糖質制限・ダイエットのこと » 「脳みそを使ったら甘い物」というのはウソ?

「脳みそを使ったら甘い物」というのはウソ?

2013年07月31日 category : 糖質制限・ダイエットのこと 

砂糖以外でも糖質というのは、脳に影響を与えます。
「脳みそを使ったら甘い物」というのはうそです。
ちなみに以前サルーテFacebookページにてシェアした「人は太ると性格も変る!?」

http://youpouch.com/2013/05/29/122255/

の通りです。

それはなぜか?

糖質を摂取すると脳から快楽物質ドーパミンが出ます。
人間は、努力して目標を達成した瞬間と、実は目標を達成することを想像して努力している瞬間にもドーパミンが出ます。
しかし、糖質を摂るということは、努力しないでも快楽を得る簡単な方法を手に入れてしまうため、何事にも努力しなくなります。いや、できなくなるのです。
ダイエットが続かない理由もここにあります。
「糖質中毒」というくらいですから、糖質の摂取を減らすと、最初は禁断症状が出ます。
それを和らげながらダイエットしていただくのが当サロンのプログラムです。
糖質中毒の行く末は様々な生活習慣病やがんです。
日本の医療界は患者さんのためにあるのではなく、製薬会社と官のために存在します。
糖尿病患者が増え続けていることがその証拠です。

努力なしで痩せられるようなダイエットは実は存在しません。
いかに効率良く努力するかがポイントなのです。
そろそろ甘い考えを捨てて、甘い食べ物、飲み物を減らして、本当に健康に痩せてみませんか?

20130731_01